ワークフローの利用は業者を比較してからが良い|快適な業務の実現

災害時に使えるシステム

電卓

東日本大震災を機に、BCPの要となる従業員の安否確認を行なうシステムの導入事例が、企業や団体のあいだで増えています。シンプルで使いやすく、有事のさいに複数の通信手段で自動配信する仕組みを持つのが安否確認システムの基本です。

発明を保護しよう

お金と電卓

特許申請をする時には早期にその申請や出願をすることが、発明を特許権にするためには重要になります。また、その時には弁護士や弁理士などの専門家の力を借りるとよいでしょう。今後の動向は発明者本人による特許申請が増えてくると予想されます。

業務手順書は必須要件

会社員

時間をかけて高品質は過去

ワークフローは作業の手順を示すマニュアルです。日本の今までは属人制が強い仕事を行ってきました。この仕事を知っている人は一人しかいないなど、その人いないと仕事が滞る恐れもあります。しかし反面では一人が最後まで責任をもって行うということで責任逃れはできず品質は高いものに仕上がっていたのも事実です。そのため現在と比較すると時間はかかるが高品質の商品というのが日本のビジネススタイルでした。世の中が変わりスピードが一番に要求される現代において、属人制の仕事では世界に対抗することはできません。そのため度の会社でも誰でも同じ品質の仕事ができるようにとワークフローの作成に取り掛かっています。ワークフローがない状況と比較すると商品や完成度の違いは明らかです。

業務の標準

今後、どのビジネスにおいてもワークフローは必須となります。たとえば新人が入社してきたときにマニュアルがない状態と比較すると人件費コストは教える側と教わる側の二倍かかります。しかしマニュアルが整備されているとそのコストは発生せず企業の利益に貢献します。いったん作成したマニュアルも都度更新することが重要です。更新しないマニュアルはただの紙切れとなり価値がなくなります。業務の標準化が求められる現在、マニュアルのありなしを比較すると雲泥の差になります。マニュアルは企業における業務の手順書です。属人化では仕事に差が出てしまい標準化どころか信用問題にもつながってきてしまうのです。そのためワークフローを整備することが重要なのです。

会社の印鑑

オフィス

業務におけるワークフローは作業手順書です。属人化による業務が多かった時代と比較すると高品質ながら標準化できていなかったのも事実です。スピード感を持って標準品質を提供するためにはマニュアルなどのワークフローの整備が必須要件なのです。