ワークフローの利用は業者を比較してからが良い|快適な業務の実現

発明を保護しよう

お金と電卓

プロに任せる

研究者などが発明をしたら、それを最大限に生かすために特許として取得することが大切です。特許申請をして特許を取得することが出来れば発明を権利として保護出来るからです。ただ、その特許申請をする時には注意点があります。まず一つの注意点はできるだけ早期に特許申請をするということです。特許申請が遅くなってしまうと、その間に別の人が特許申請をして出願が特許になってしまったら、特許申請をしても特許にできなくなってしまいます。そのため権利として保護していきたいのであれば、早めの申請は重要になります。また、その他の注意点としては出願書類の不備が無いようにすることです。出願書類の不備があるとそれを訂正する時間などが発生します。もし出願書類の不備など気になるようであれば弁護士や弁理士などのプロに任せると安心です。

安く申請を行う

今後の特許申請の動向としては、発明者本人が特許申請をするケースも増えてくると予想されます。特許法ではその申請をする事が出来るのは、弁護士や弁理士などの代理人もしくは発明者本人です。手続き的な面倒を無くす目的で弁護士や弁護士などを利用する方法もよいですがその場合はお金がかかります。それに対して、発明者本人が特許申請や出願をする場合は、面倒は発生しますがその分経済的な負担は少なくなってきます。個人で発明をしてそれを特許権として保護したいという方は、自ら出願をして特許査定まで手続きをするのが便利です。また、個人でも特許申請から査定までの手続きを解説してくれるネットのサイトも沢山あり、昔よりもその敷居は格段に低くなってきています。